平成30年 関東信越国税局長年頭所感

局長証票データ写真

局長

 

 平成30年の年頭に当たり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 関東信越国税局管内納税貯蓄組合連合会の皆様には、健やかに新年をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。

 旧年中は税務行政に対しまして、深いご理解と格別のご支援・ご協力を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 

 全国納税貯蓄組合連合会と国税庁との共催事業である中学生の「税についての作文」事業につきましては、地域社会のリーダーである皆様のご尽力により当局管内63税務署の全ての地域の中学生から、12万3千編に及ぶ作品の応募がありました。この応募作品の中から選考された作品につきましては、内閣総理大臣賞をはじめ総務大臣賞、文部科学大臣賞、国税庁長官賞4編など、多くの賞を受賞しています。

 本事業は、次代を担う中学生に税に対する理解と関心をもっていただく上で、非常に意義深いものであり、全国規模で展開される効果的な租税教育活動として、高い評価を受けています。

 納税貯蓄組合の皆様が着実に育ててこられたこの歴史と伝統を持った事業の一層の充実が図られるよう、私どもも共に取り組んで参りたいと考えています。

 

 さて、税務行政を取り巻く環境は、経済活動の国際化・ICT化の進展、マイナンバー制度の導入など大きく変化しています。こうした状況の下、「納税者の自発的な納税義務の履行を適正かつ円滑に実現する」という国税庁の使命を十分に果たしていくためには、従前以上に納税貯蓄組合の皆様のお力添えが必要不可欠であると考えています。

 特に、消費税につきましては、平成31年10月に税率が10%へ引き上げられるとともに、軽減税率制度が実施されることとなっています。

 私どもといたしましては、事業者の皆様が軽減税率制度を含む改正内容や消費税の仕組みを十分理解し、自ら適正な申告・納付ができるよう、制度の円滑な実施に向けた周知・広報、相談対応等に着実に取り組んでいくこととしていますので、納税貯蓄組合の皆様におかれましても、引き続き、周知・広報等に、ご支援・ご協力をお願いいたします。

 

 間もなく平成29年分の確定申告が始まります。

 平成29年分の確定申告期は、引き続き、自宅等からのICTを利用した申告を推進するとともに、適切な申告相談体制の構築・運営により納税者サービスの向上を図ることとしています。本年も、給与所得者及び年金所得者の方々へのICT申告の周知・利用勧奨について、引き続き、局署を挙げ、取り組むこととしています。

 確定申告の円滑な実施に向け、今後とも、納税貯蓄組合の皆様との一層の連携・協調を図っていきたいと考えていますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

 結びに当たり、新しい年が関東信越国税局管内納税貯蓄組合連合会の皆様にとりまして、幸多き年となりますよう、心から祈念いたしまして、新年のご挨拶といたします。